宇宙法研究ノートへようこそwelcome to space law notebook

What's upWhat's up

◆2022.11.19

宇宙法模擬裁判について3つお知らせです。
@僭越ながら2023年の宇宙法模擬裁判日本大会実行委員会の委員長にこのたび就任しました。日本宇宙法学生会議(SPALC)のみなさんと一緒に大会を盛り上げていけたらと思います。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
Aこれまで日本大会とIISLアジア太平洋地域予選との両方に参加することができなかったのですが、IISL日本メンバーの御尽力を賜り、2023年は両方に参加することができることとなりました(開催地は東京です)。日本大会とIISLアジア地域予選とは別の大会ですので、日本大会で成績が振るわなかったとしても、心新たにアジア地域予選にエントリーして楽しんでください。
BIISLで発表された論文の検索ができるサイトを見つけました。無料ではアブストラクトしか読めませんが、ひとまず来年の問題文に関連する論文を探すのには役に立つかと思います。URLは以下になります。
【年ごとの検索】 https://dl.iafastro.directory/index/
【著者やキーワードでの検索】 https://dl.iafastro.directory/search/ 
  ※例えば「space law, ASAT」などで検索してみてください。

◆2022.11.15

国際宇宙法学会(IISL)マンフレッド・ラクス模擬裁判に関するサイトより、2023年のアジア太平洋地域予選の開催国が日本であることが発表されました(学習院大学が受け入れ校のようです)。これまでの模擬裁判サイトのURLが変更されたため、このHPでも随時リンク先を変更しますね。また、同模擬裁判のオリエンテーションとなる動画が米国のNPO「Space Court Foundation」から出されているので、ここでご紹介します。IISL模擬裁判委員会・委員長のSteven Freeland教授の挨拶をはじめ、5つの地域予選オーガナイザーから当模擬裁判の魅力が語られています。
https://www.youtube.com/watch?v=cch3TjCBrjY

なお、同団体より2023年の問題文の概要も紹介されていますが国名を発音する際の参考になるでしょうか?
https://www.youtube.com/watch?v=Bfk8czMvbII

◆2022.09.20

防衛大での講義に関する質疑応答(&コメント)のページを更新しています!講義はあと2回(全15回)ですが、全部終わりましたら講義資料もアップしますね。

◆2022.09.17

国際宇宙法学会(IISL)から次回の模擬裁判問題が発表されました。模擬裁判のページを充実化していきますね。

https://iisl.space/lachsmoot/

先日、宇宙法に関心がある学生さんから本HPを通じてご連絡をいただきました。本当に嬉しいです。防衛大の前期講義もあと2回で終わるため、講義資料や質疑応答のページや、宇宙法政策に関連するイベントもアップしていけたらと思います。

◆2022.04.11

新年度がはじまりました。こんにちは。防衛大での講義『航空宇宙法』は、今回は前期に開講となりました。昨年度の講義資料の誤字脱字チェックが終わりましたら、当サイトで公開しますね。また、シンポジウムや学会で発表したプレゼン資料も掲載する予定です。

◆2022.02.15

こんにちは。いくつかご報告です。例年、東京大学公共政策大学院の講座「宇宙開発と公共政策」におきまして宇宙法の講義を担当していますが、そのほか、@ 2021年10月より防衛大学校で『航空宇宙法の講義』を担当しています。講義資料および学生さんからいただきました質疑応答を適宜アップしたいと思います。A 東京大学とJAXAとの共同プロジェクト「Academic Platform for Space Policy and Law in Japan」が始動しており、Webサイトが創設されました。運用にかかわっているので当サイトでも連動して情報を共有しますね。

お知らせWhat's up/Events

◆2022年11月15日更新

 

国際宇宙法学会(IISL)の模擬裁判に関するサイトのURLが変更されました。

 

(c) subaru telescope

おススメ情報Pick up

HP updatedHP更新のお知らせ

2022.11.15
模擬裁判のページが更新されました。
2022.09.20
講義の質疑応答が更新されました。
2022.02.15
略歴が更新されました。
2016.02.25
イベントが更新されました。
2015.12.11
授業が更新されました。
Copyright (c) 2013 Yuri TAKAYA All Rights Reserved.